健康茶情報.com

健康に良いお茶の口コミや評判、販売店などいろいろな情報を公開しています

便秘茶によく含まれる知っておきたい3つの成分!

便秘茶によく含まれる知っておきたい3つの成分!

投稿日:2017年10月31日 更新日:

Pocket


便秘解消に効果が期待できるのが便秘茶です。
苦しい状態をスムーズに解消してくれる可能性が高いことから、愛用しているという方も多いでしょう。
今回は、便秘茶によく含まれる成分の中で、特に知っておきたいものを3つご紹介します。

便秘茶によく含まれる3つの成分

一口に便秘茶と言ってもたくさんの商品が販売されています。
当然、成分も多種多様です。
その中でも、知っておいた方がよい成分を3つ見ていきましょう。

①キャンドルブッシュ
即効性のある便秘茶を求めるなら、キャンドルブッシュが含まれているものを選ぶと良いでしょう。
キャンドルブッシュの中には天然の下剤成分であるセンノシドが含まれており、腸を適度に直接刺激してくれるので、1回飲むだけでもスッキリできる可能性が高いです。
摂りすぎるとまれに腹痛や下痢を引き起こしてしまうことがありますが、適量なら問題ありません。
ただし、妊婦さんは使用を控えましょう。流産の危険性があります。

②センナ
センナは昔から便秘茶に含まれる代表的な成分として知られています。
キャンドルブッシュと同じくセンノシドが含まれていることが特徴です。
ただし、キャンドルブッシュよりセンノシドの量が多く、強い効果があるので、腹痛などの副作用を引き起こす危険があります。
子ども、高齢者、妊婦さんの使用は避けましょう。

③キダチアロエ
医者いらずと言われることもあるキダチアロエ。
アロエに含まれているアロインという成分が便秘に効果的とされています。
摂り過ぎは、下痢や腹痛などの副作用を生じさせますので、適量を守りましょう。
なお、キダチアロエが含まれている便秘茶も妊婦さんは避けることが大切です。

効果的に便秘茶を摂りたいならマイルドな成分のものを選ぼう

便秘茶に主に含まれている3つの成分を見てみましたが、効果が高いものは副作用の危険性もあります。
注意点を守った上での使用なら問題ありませんが、あまり強いものを飲んでいると今度は自然な排便がしにくくなるリスクがあるので、気をつけましょう。
最初はマイルドな成分のもので、様子を見ることをオススメします。
上質な便秘茶には、原料が複数ブレンドされていますので、バランス良く配合されたものを選ぶこともポイントです。

まとめ

便秘茶を選ぶ時は、成分にも注目して選びましょう。
また、効果が高いものは副作用の危険があることがありますので、自衛することが肝心です。
特に妊婦さんは、成分によく注意して選ぶことが肝心です。

⇒楽天市場でおすすめの便秘茶

-便秘茶によく含まれる知っておきたい3つの成分!
-,

執筆者: